FMaiai Webサイト

審議会議事録

第78回エフエムあまがさき放送番組審議会議事録

第78回エフエムあまがさき放送番組審議会議事録

 

1 開催年月日 平成26年9月18日 木曜日 16:30~17:30

 

2 開催場所   尼崎市総合文化センター3階ミーティングルーム

 

3 出席委員等 委員総数           7名

出席委員数         6名

出席委員の氏名      吉村 稠、島田 力、目澤 隆治、高島 隆子、

橋本 美和子、五位塚 一恵

放送局側出席者     松下事務局長、楠見放送局長、長谷主事

4 議事概要

(1)第77回議事録の報告について

(2)カフェレストラン「ブラヴォー」オープン式等について

(3)その他

 

【審議内容】

委員長:第77回議事録の結果報告について、全員確認をした。

委員長:カフェレストラン「ブラヴォー」オープン式の放送について説明を求め

る。

局側出席者:2階のレストランが休業し、1年5月ぶりにカフェレストラン「ブラヴォー」がオープンした。来館者及びリスナーに、知らしめる手立てとしてラジオ中継として放送した。

 

~音源試聴(約10分)~

 

10時のオープンに合わせて、生放送中スタジオからパーソナリティが「ブラヴォー」前パーソナリティにバトンタッチし、来場待ちのお客様へ、ラジオをお聴きのリスナーへ、理事長のごあいさつ、カウントダウンを行い、ファンファーレと共に来場者の入場後、リスナーへの呼び込みを行い、スタジオのパーソナリティにバトンタッチするということで、初めてチャレンジした。

委員:雰囲気和伝わってきた。

委員:臨場感はあった。

委員長:お客様が並んでいたのだったらインタビューしてもよかったのではないか。少し型にはまった感があってもう少し崩しても良かったのではないか。

式典等のライブ中継は、初めてなのか。

局側出席者:イベントはよく行っているが、ライブは初めてである。

委員長:スタジオ側からは現場は見えず、リスナーも同様の状態であるから、スタジオからの呼びかけに現場のパーソナリティが応える等、パーソナリティもプロ同士なのだから、やり取りがもっと多くても良かったのではないか。

局側出席者:今後の検討課題としたい。

委員長:意見がでそろったところなので、次の議題について事務局から提案願いたい。

局側出席者:毎週日曜日9時45分から15分番組で、兵庫県内コミュニティ放送局、AM局等11社の共同制作で、順番によりそれぞれの地域情報を11社に配信(時間は各局バラバラ)している「ラジネット兵庫」について、当局が収録したものをお聴きいただきたい。

 

~音源試聴(約6分)~

 

市内のプレス資料等は尼崎市に多く集まり、我々はその情報をいただき、ピックアップし取材をしたものであり、第17回アジア競技大会日本代表市立尼崎高等学校2年生体操の本田美波選手等にインタビューを行った。

委員:しろうととプロのインタビュアーとのやり取りでプロ側がもう少し配慮してあげたらもっと良かった。

委員:純粋さが伝わってよかった。

委員長:インタビュアーがいい声で、的確な質問で聞きやすかった。原稿は誰が作ったのか。

局側出席者:基本的には、ディレクターがインタビュー内容を作成するが、DJのアドリブもある。インタビュアーは女子高生の母親でもあり親近感があったようである。

委員長:その他として、事務局から説明願たい。

局側出席者:以前橋本委員から行方不明者の呼びかけについて、エフエム宝塚と話しする機会があり、警察署と市とが連携を取りエフエム宝塚が放送する形を取っており、すでにスタートしている。情報として、尼崎市においては警察との連携が取れていないのか、行方不明者の呼びかけの動きはない。むしろひったくり情報を中心に行っており、当局は放送でも流している。

委員長:大阪などは大々的にやっている。こちらからも投げかけていこう。

委員:9月12日の大雨による伊丹の冠水について、尼崎は武庫川、神崎川川下

で被害情報があったのか。

局側出席者:特に見当たらない。台風11号の時は武庫川が河川敷もつかり警戒警報

もでてかなり危険な状態であった。

委員長:災害情報は、スポットでよく入るようになった。

これからも的確な情報を伝えるなど頑張って下さい。

以 上

  • #
  • #

AMAGASAKI POPULAR SONG

ああ 尼崎市民家族

契沖音頭