FMaiai Webサイト

INFORMATION

第125回エフエムあまがさき放送番組審議会議事録

1 開催日時 令和4年11月18日(金) 15時5分~16時
2 開催場所 総合文化センター7階3号会議室
3 出席者等 出席委員数 4名
       出席委員氏名  久隆浩、内藤吉子、榊千波留
               安田博之(敬称略、順不同)
       放送局側出席者 辻本ゆかり、髙岡修司、岩崎智之
               藤本邦洋、小田さゆり、長谷博行
4 会議内容

事務局:本日の出席者は委員数4名の出席で審議会は成立しております。
    また、事務局6名の出席でございます。
    ここからの会議の進行につきましては久会長にお願いいたします。

会 長:それでは、報告事項の「タイムテーブルについて(下半期号)」を
    事務局より説明をお願いします。

事務局:前回の番組審議会で、下半期タイムテーブルの全体構成については
    ご説明させていただきましたので、番組編成を中心に説明いたします。
    下半期では外部制作の(CS放送)番組に9組の変更がございました。
    自主制作番組では、土曜日の12時半に新番組、
    「RADIO JACK! ~今日はダレの30分!?~」を新たに編成し、
    生放送では金曜日の「みやけなおこのあいあいワールド」のコーナー、
    「顔晴れあまっこ応援団」を出演者の都合で休止しておりましたが、
    今回これを復活しました。番組編成に関しては以上です。
    また、開局からのあゆみを、時事と共に振り返っております。
    併せてJCBA近畿コミュニティ放送賞の受賞歴を載せております。
    今回のタイムテーブルで財団の放送事業としては、
    最終号となりますので「エフエムあまがさきの今後について」
    と題して、ご挨拶文を掲載しました。
    タイムテーブルは、文化センター館内、市民公共施設、
    市内店舗等に設置する他、市内企業や他局へ送付するなど、
    幅広く配布しております。以上です。

会 長:先ほど、エフエム放送のあゆみをご説明いただきましたが、
    タイムテーブルを始め、色々な資料がおそらくストック
    されていると思いますが、このあたりの取扱いは、
    今後どのようにされる予定ですか?

事務局:財団の事業としてやってきましたので、内容によって
    保存期間が定められておりますので、それに従って、
    保管していくことになります。一部につきましては、
    地域研究史料館が尼崎の歴史やそういったものについては
    収集しておりますので、相談させていただいて必要なものに
    ついては併せて保管していただく資料もあるかと思います。

会 長:どうしてもこういう貴重な資料が散佚してしまう
    危険性があるので、先ほどお話いただいた様に、
    市立であれだけ立派な歴史博物館を持っているのは
    尼崎の財産かなと思いますので、そこのところに保存していただいて、
    何か振り返る時には使えるような形にしてもらえればと思います。

委 員:私も地域史料館を見てて思いますのは散佚している資料が多くて、
    バラバラになっている、よそ様もそういう事が多くて、
    その時は大したことのない資料なのに、後になって保存しておけば
    良かったなという資料が多くあります。一連の資料について
    必要か不要か、一度検討してもらえればいいと思います。

会 長:続いて、報告事項の二つ目「JCBA放送賞の参加について」を
    事務局より説明をお願いします。

事務局:JCBA(日本コミュニティ放送協会)近畿地区協議会が主催する
    放送賞の審査会・表彰式が11月25日に白浜で開催されますので、
    当局も参加いたします。近畿には29局加盟しております。
    今回で24回目の実施となりますが、今回の賞は令和3年度中に自局で
    制作・放送した番組が対象で、情報・教養番組部門、娯楽番組部門、
    特別番組部門、CM部門、放送活動部門の5部門があり、
    今回当局からはCM部門以外の4部門に番組をノミネートしました。
    放送活動部門以外は各局にて事前審査ですが、放送番組部門は
    当日の審査会で活動内容をプレゼンする機会があり、
    その場で各局と外部審査員が参加して審査します。

会 長:次回、良い報告が聴けるように願っております。
    次に、報告事項三つ目「放送事業の承継希望団体について」を
    事務局より説明をお願いします。

事務局:前回の番組審議会で、エフエムあまがさきの承継を希望している
    団体と協議をしていることをご報告させていただきましたが、
    その後の進捗状況ですが、9月末に近畿通信局へ承継に関する
    相談に団体の方と行ってきました。丁寧にご対応いただき、
    放送局を運営するにあたり、運営体制、人員、資金面、事業計画など
    しっかり整えてくださいと、アドバイスをいただきました。
    基本、承継に係る申請手続きなど全てその団体で行うことになります。
    財団としては承継に係る事務がスムーズに進むよう出来る限りの
    アドバイス等をして参りたいと思います。
    また、進展等があれば次回報告させていただきます。以上です。

会 長:次に議事事項に入らせていただきます。
    今回は「番組の試聴」です。事務局より説明をお願いします。

事務局:今回は、新番組「RADIO JACK! ~今日はダレの30分!?~」を
    試聴いただき、感想やご意見をいただきたく存じます。
    時間の都合上、30分の番組を12分程にまとめております。
    番組内容については、藤本よりご説明いたします。

事務局:「RADIO JACK」の応募状況としましては、全26枠の放送枠のうち
    23件の応募をいただき、残りの放送枠が3件となりましたので、
    こちらが決まり次第応募を締め切ります。
    放送は10月からスタートしておりまして、本日お聴きいただくのは、
    11月5日に放送されました第6回RADIO JACK
    「ユウとトモヨの慣れていってほしいラジオ」です。
    こちらは言語障害を持つ二人がメインMCを担当した番組で、
    出演は尼崎市の東園田でヘルパー派遣事業を行うNPO法人「月と風と」
    代表の清田さん、「月と風と」が運営するチャリティーショップで
    働いている、言語障害を持つ、ゆうさんとともよさん、そして、
    ゲストにエフエムあまがさきパーソナリティの武田康子さんの4名で
    お送りした番組です。どうぞお聴きください。

~番組視聴「RADIO JACK!~今日はダレの30分!?~」11月5日放送
    『ユウとトモヨの慣れていってほしいラジオ』約12分

会 長:ご意見ございましたら宜しくお願いします。

委 員:こちらが、凄く真剣に聴いてしまう、ものすごく良かったです。
    聴き流しではなく、心に入って聴けるなという感じです。

委 員:「慣れていってほしいラジオ」というタイトルは
    どなたが付けたのですか?

事務局:NPO法人代表の清田さんです。番組で清田さんが、
    「障害者の方と付き合っていて思うのは、慣れやと思います。
    最初分かりにくくてもだんだん慣れて理解できるように、
    会話もスムーズにいくと、伝わるようになれば相手も
    いっぱい話してくれる、いい循環が生まれる。
    慣れていくのが大事だと思います。」と言われていたとおり、
    それは清田さんが経験されてきたことなのだと思います。
    実際に私もディレクターとして収録に立ち合いましたが、
    だんだんと最初より言葉が入ってくるんですね。
    当たり前のように聴こえてきました。

委 員:正にそんな感じで、パーソナリティをしている
    私からすると衝撃的で、ハッキリと話すとか活舌よくとかとは
    逆になりますが、慣れていったら、ゆうさんの方は声に笑いが
    あるようなお声で、気持ちの良いお声で、
    なんだか桂枝雀さんのような味のある方だと感じました。
    いい意味で衝撃的でいいなと思いました。1回番組ですよね?

事務局:はい。ですが、ゆうさんはこの放送の翌週、
    別のイベントの告知で生放送にも出演いただきました。
    そこでも、しっかりとお話されていました。

委 員:こういうコーナー自体があっても良かったのにと
    思いましたが、今回番組に出来て良かったです。

委 員:とても良い時間でした。

委 員:私も皆さんと同じで、すっと入ってきたなという感想です。
    すごく自然でリラックスされて、楽しそうな感じが伝わってきました。

委 員:各地域にいろいろな方言があるように、障害ではなくて
    言葉の違いかもしれないと思いました。

委 員:番組の中でも「何故しゃべりにくい」かを
    話していましたが、本当にすれ違うだけの関係だったら、
    「あの人言葉が聞きとりにくいわ」で終わるのだけれども、
    口を閉じる力が弱いとか、舌を上あごにつける力が弱いとかと
    いう話を聞くと、ひとつ理解が出来たら、
    ゆっくり聴いてみようとか考えてみようと思いました。

会 長:試聴させていただいて、パーソナリティの武田さんと清田さんが
    リードしようとされていましたが、最後の方はゆうさんとともよさんの
    ペースに巻き込まれていったというところもあり、
    非常に面白いなと思いました。皆さんが先ほどから言われている
    ように、普段からこういう番組があってもよかったですし、
    こういった方々がもっともっと表舞台に立てるような
    場面がエフエム以外でもあればいいなと思いました。
    本日の議事事項は以上ですが、他に何かありますか?

事務局:次回の番組審議会は令和5年1月24日火曜日に
    総合文化センターミーティングルームにて
    予定しておりますので宜しくお願いします。

会 長:本日はこれで閉会させていただきます。ありがとうございました。

以 上

  • #
  • #

AMAGASAKI POPULAR SONG

ああ 尼崎市民家族

契沖音頭