FMaiai Webサイト

JCBA近畿地区 放送賞受賞のご報告

いつも番組をお聴きいただき、誠にありがとうございます。

11月25日(金)和歌山県白浜市で2021度年内の放送番組を対象とした、
第24回JCBA近畿コミュニティ放送賞の審査会並びに受賞式が行われました。

近畿コミュニティ放送賞とはJCBA(日本コミュニティ放送協会)の
  近畿地区加盟局及び近畿エリアのコミュニティFMラジオ局が一堂に会し、   
1年間に放送した自社制作番組を5つの部門の中で
出品、各局で審査をし、表彰を行う賞です。

当放送局では昨年8月20日、
「エフエムあまがさき開局25周年記念特別番組aiaiフェスタ」内で放送した
「エフエムあまがさきの成り立ちについて」が
特別番組部門で、審査員特別賞を受賞しました。

これを励みに、閉局までわずかな期間ではありますが、
お聴きいただいている皆様により良い番組を全力でお届けしてまいりますので、
どうぞ最後までお聴きくださいますようよろしくお願い申し上げます。

エフエムあまがさき 82.0MHz スタッフ一同

20221128104805_page-0001

「RADIO JACK~今日はダレの30分!?~」応募締め切りに関するお知らせ

日頃より、エフエムあまがさきをお聴きいただき、ありがとうございます。
10月からスタートしている番組
「RADIO JACK~今日はダレの30分!?~」

現在、出演者を募集しておりますが、
これまでに沢山のご応募をいただき、
放送枠が残りわずかとなりました。

つきましては、応募数が残りの放送枠(全26枠)に達し次第、
応募を締め切らせていただきますので、
何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

第124回エフエムあまがさき放送番組審議会議事録

1 開催日時  令和4年9月20日 火曜日 15時~16時10分
2 開催場所  総合文化センター3階 ミーティングルーム
3 出席者等  出席委員数  5名
        出席委員氏名  久隆浩、内藤吉子、狩谷趣譲、榊千波留
                安田博之(敬称略、順不同)
        放送局側出席者 辻本ゆかり、岩崎智之、藤本邦洋
                小田さゆり、長谷博行
4 会議内容
事務局:本日の出席者は委員数5名の出席で審議会は成立しております。
    また、事務局5名の出席でございます。
    ここからの会議の進行につきましては会長にお願いいたします。

会 長:それでは、報告事項の「新番組『RADIO JACK!今日はダレの
    30分!?』の募集状況」を事務局より説明をお願いします。

事務局:前回の番組審議会でご説明いたしました10月からスタートする
    新番組ですが、委員の皆様からのご意見等を反映させていただき、
    出演者募集に係る要項を整えまして、8月末から募集を開始しました。
    まずはエフエムaiaiのホームページと公式SNSでアップし、
    来局者などにスタッフが口コミで案内したところ、
    現状8件の申し込みがありました。申し込み内容を確認しまして、
    全て番組として取り組む予定で調整しております。
    次の広報戦略として募集チラシを作成し多方面へ情報発信いたします。
    それでは担当より、現状申し込みいただいている番組から、
    いくつかご紹介させていただきます。

事務局:募集しましたのが8月下旬頃からで、応募が現状8件ありまして、
    予想より反響もあり多いと感じました。情報をアップして、
    すぐ30分くらいで応募してくれた方がいまして、
    エフエムあまがさき開局当時25年ほど前にエフエムあまがさきで
    番組をされていた経験がありまして、現在はミュージシャンの他に
    会社経営や沢山の活動をされている中で、経験談を30分話したいと
    いう事で応募されました。一番に応募してきてくれましたので
    10月1日放送開始に合わせて調整しています。
    他には、カフェを経営されている方から応募いただいています。
    市内で様々なイベントを企画し尼崎を盛り上げる活動を行っています。
    2年ほど前からネットラジオ番組をされています。
    このエフエムあまがさきの企画を見た時にコラボといいますか、
    エフエムあまがさきで番組を発信してみたいと応募くださいました。
    東園田で障碍支援サービスを行っている、NPO法人の代表者の方は、
    あえて言葉が聞き取りにくい言語障害を持っている方と
    一緒にラジオをやってみたいと言われています。
    思いとしては、言葉が聞き取りにくくても、その方とラジオをする事に
    よってリスナーさんに、もっと慣れて欲しいという事でした。
    8件中7件が40代の男性という共通点がありまして、
    なかなか女性の方、学生の方の応募がいなかったのですが、
    つい先日、女性の応募がありました。
    子育てに関する悩みや情報をトークする30分にしたいとの事でした。
    これまでに応募いただいた方は、どんな企画でどんな内容の番組に
    したいかという意思をしっかりと持っておられます。
    純粋にこの企画を楽しみたい方ばかりです。

事務局:補足しますと、募集チラシのデザインもすべて放送スタッフが作成して
    おります。放送枠26枠すべて埋まるように募集してまいります。

委 員:これは、自身で応募という事ですよね、推薦とかも大丈夫ですか。

事務局:当初は、10月から、全26回枠の全てが応募で埋まるのは難しいと
    考えておりましたので、推薦も含めていろいろな所から集めようと
    考えておりますが現状は早いもの勝ちみたいなところになっています。

事務局:例えば市内の方が市外の方をお呼びして
    一緒に出演するという形でもいいと思います。

会 長:言語障害の方との番組ですが、いいですね。
    慣れてきますとだんだんと理解できるようになりますし、
    そういった事をリスナーの方にお伝えできますね。
    続いて「放送事業の承継希望団体について」の現状報告お願いします。

事務局:現状、放送事業の承継を希望する団体が1団体ございます。
    8月に一度立ち上げメンバーと協議の場を設けました。
    9月末に近畿総合通信局へ相談に行く予定です。
    限られた時間の中で詰めないといけない事が沢山あります。
    当財団としても、放送事業を承継する事が一番望ましいことであると
    考えておりますので、引き続き尼崎市と連携して対応してまいります。
    次回の番組審議会で進捗状況をご報告いたします。以上です。

会 長:只今の説明を受けて、ご質問やご意見などございませんでしょうか。

委 員:直接深く聴いた訳ではありませんが、
    スポンサーが不足かなという感じがいたします。

事務局:現在のスポンサー様の了解を得て、情報提供しておりますし、
    新たなスポサー探しにも動かれているようです。
    放送設備も含めてスタジオも必要になります。

会 長:次に議事事項に入らせていただきます。今回は「番組の試聴」です。
    事務局より説明をお願いします。

事務局:今回は水曜日パーソナリティ牧野氏の第4週目の番組、
   「教えて先生!暮らしの法律ナビ」を試聴いただき、
    感想やご意見をいただきたく思います。
    時間の都合上、10分程にまとめたものを、お聴きいただきます。
    内容については担当より簡単にご説明いたします。

事務局:番組内容は兵庫県弁護士会阪神支部に所属している弁護士の先生を
    お迎えして、生活に役立つ法律のお話とか身近の疑問とか悩みとか、
    トークテーマを決めてお送りしております。
    出演の先生も毎月変わります。今回お聴きいただくのは、
    8月24日に出演された尼崎駅前法律事務所の曽我先生です。
    曽我先生は「いじめ」事案を専門にされておられます。
    それではご試聴ください。

~番組試聴「教えて先生!暮らしの法律ナビ(第4週)」~  10分

会 長:只今の試聴で何かございますか。

委 員:法律のお話をお聴きして、これらを聴きたいという方は多いのでは。
    この先生がたまたま「いじめ問題」でしたが、それ以外の不動産や
    離婚問題など、毎月先生がお話されるのはいいと思います。
    ただ、そこは素人さんですので、MCの方が上手に話を繋いでおられ
    ますが先生の方は話が早くなると言葉が聞き取りにくくなりますので
    事前打ち合わせでゆっくりとお話くださるようにレクチャーして
    おけばもっと聴きやすいと思いました。

会 長:そのあたりのやりとりというのは、事前にされているのですか。

事務局:前もってはしておりません。終了後に番組の感想であるとか先生と
    お話する事はあるのですが事前のレクチャーも大切だと思いました。

委 員:SNSで、一般の人にとって誰に聞いたらわからないような
    法律問題を発信している方もおられます。
    ニーズがあるのだと思います。そういう点から見ても
    リスナーにとって、有益な情報を発信できていると思いました。

事務局:毎月、阪神支部の支部長の方と相談しながら、
    タイムリーな法律の話題を取り上げたり、出演する先生の専門分野を
    取り上げたりしながら放送しております。

事務局:昨年度の番組審議会で、病院の先生とかいわゆる専門家の話を
    発信する番組があればというご意見をいただいて、
    この4月から放送を始めた次第です。

委 員:難しいテーマですがとても分かりやすかったです。
    編集でカットされていたのかも知れませんが、
    いじめなど身近な問題なので、親の心積もりはどうすればいいのか
    失敗談も含めて聴きたいですし、いじめの問題に弁護士さんは
    どこまで介入できるのかとかも知りたいです。それらを知る事で
    弁護士さんへの依頼もしやすくなるのではと思いました。

会 長:同感です。どういう場合に弁護士さんに寄り添って
    もらえるのかを知る事で依頼しやすくなりますね。
    現場の声をつぶさに聴けるという所はとてもいいですね。
    リスナーさんからテーマの希望はないのですか。

事務局:現在の所はリスナーさんからの要望はございません。
    9月に入って、夕方暗くなり交通事故が多発し、
    交通安全週間も行われるので来週に関しては交通安全トラブルを、
    先生と相談して決めました。弁護士さんの相談でテーマを決めて、
    そこにリスナーが入ってくれればもっといいものになるかなと
    思いますが、反響はまだないです。

会 長:本日の議事事項は以上ですが、他に何か報告事項はありますか。

事務局:10月から来年3月までの下半期「タイムテーブル」を作成中です。
    今回のタイムテーブルは、財団運営のコミュニティFMとしては、
    最後の発行となります。
    放送事業を承継したいというお声を聴いておりますので、
    承継いただける可能性も込めながら制作しております。

事務局:次回の番組審議会は11月18日金曜日、
    総合文化センターミーティングルームにて予定しております。
    出来る限り対面での会議をと考えておりますが、コロナの状況次第では
    Zoom等Webを活用した会議になる場合もございますので
    ご理解の程宜しくお願いいたします。

会 長:本日はこれで閉会させていただきます。
    次回以降もご意見賜りますよう宜しくお願いいたします。
    ありがとうございました。

以 上

新番組「RADIO JACK!~今日はダレの30分!?~」参加者募集のお知らせ

エフエムあまがさき10月スタートの新番組
「RADIO JACK!~今日はダレの30分!?~」
参加者を募集いたします!

【募集要項】
尼崎市民が週替わりで、
エフエムあまがさきの番組をジャック!
ラジオDJとして、
お昼のひと時に、あなたの冠番組が持てます!
自分の歴史や家族への愛を語るもよし!
大好きな趣味や音楽、映画を熱く語るもよし!
こんなええ話、みんなに伝えたい!などなど、
あなたの想いを熱弁してみませんか?

DJに憧れている方はもちろん、
人前で喋ることは苦手だけど
一度はチャレンジしてみたいと
思っている方も大歓迎!!

聴き手はプロのDJが優しくサポート!
番組構成は放送局のスタッフが担当します。

毎週代わる代わる登場するメインDJを中心に、
皆さんと一緒に番組を作る「市民参加型番組」です。

ラジオを通して自分自身を
思いっきり表現してみませんか?

【出演番組】
「RADIO JACK!~今日はダレの30分!?~」
期間:令和4年10月から令和5年3月まで。
土曜日12時30分~13時00分 (全26回)
※全26回のうち、いずれかの放送回を担当していただきます。

【応募資格】
尼崎市在住、または在勤の方(個人)
※未成年者は保護者の同意が必要となります。

【参加費】
無料
※番組収録等に係る交通費等はご自身でご負担ください。

【申込方法】
住所、氏名、年齢、職業、連絡先(電話番号・メールアドレス)、
番組企画概要を明記の上、
「RADIO JACK!~今日はダレの30分!?~」係まで
お送りください。

FAX:06-6483-2501
E-mail:mail@fmaiai.com
郵送:〒660-0881尼崎市昭和通2-7-16
尼崎市総合文化センター2階エフエムあまがさき

【応募期間】
令和4年8月25日(木)より随時受付
※番組枠が決定次第、締め切りとなります。

【選考方法】
一次審査:事前審査(お申込内容を審査します。)
二次審査:面談(一次審査の合格者は面接を行い、最終審査を行います。)
※二次審査の合格者は引き続き、
第1回目の番組打ち合わせを行う場合がございます。

【合格後の出演までの流れ】
①応募者、パーソナリティ、番組制作スタッフで打ち合わせを行います。
②番組収録(スタジオでの収録日は調整いたします。)

【諸権利】
番組に関する一切の権利は当財団が有します。

【お断りしている内容】
・物品やサービス等の販売を主な目的とする営業行為
・特定の宗教や政党等の宣伝勧誘活動
・暴力団やヤミ金融等の勧誘活動
・法令に違反する行為の紹介、普及活動
・個人のプライバシーや団体等の名誉を傷つけるような言動
・聴取者に不快感を与える表現

上記に抵触する恐れのある場合、
或いは民間放送連盟の放送基準を
逸脱する可能性がある場合は、
番組出演をお断りいたします。

【お問い合わせ】
公益財団法人尼崎市文化振興財団
営業課 放送担当(エフエムあまがさき)
TEL 06-6483-2500

【主催】
公益財団法人尼崎市文化振興財団

以上

みんなの尼崎情報局 コーナー「あま咲きSDGs DAYS!」のお知らせ

みんなの尼崎情報局、
毎月第1・3・4水曜日に「あま咲きSDGs DAYS!」をお送りしています。

このコーナーでは、尼崎市SDGs推進アドバイザーに
SDGs(持続可能な開発目標)がどんなものであるか、
また、尼崎市のSDGsの施策である「あま咲きコイン」、
「尼崎市SDGs推進サポーター制度」などについて
詳しく解説していただきます。

放送番組:みんなの尼崎情報局
放送日 :毎月第1・3・4水曜日
放送時間:8:00~8:15 / 12:45~13:00 / 16:00~16:15

ぜひ、お聴きください。

エフエムあまがさき 閉局のお知らせ

エフエムあまがさきの閉局について(お知らせ)

日頃からエフエムあまがさきをお聴きいただき、
ありがとうございます。
この度、エフエムあまがさきは、
令和5年3月31日をもって放送を終了し、
閉局することとなりました。

エフエムあまがさきは、
阪神・淡路大震災において地域に密着した
即時性の高い情報伝達手段の
必要性が高まったことを受け、
尼崎市が中心となって平成8年10月に開局しました。

以来、コミュニティ放送局として、
市民の生活に最も身近な情報を
提供できるメディアを目指し、
この街に住む人々を電波で結びながら
情報の輪を広げてまいりました。

今日まで放送を続けてこられましたのも、
リスナーをはじめ地元の企業・商店など
多くの方々からのご支援・ご協力の賜物であると、
改めて感謝を申し上げます。

開局当初は、
株式会社エフエムあまがさきでスタートしましたが、
年々事業運営が厳しくなったことから、
経営の安定化と文化事業との連携など
新たな展開を目指し、
平成21年度より当財団に事業譲渡され、
今日に至ります。

しかしながら、開局してからの26年間で、
スマートフォンの普及やSNSなど
情報伝達手段の多様化など
社会状況が大きく変化したことを受け、
尼崎市では、市民のラジオによる情報収集の状況や、
約4000万円の公費を投入している事業の
費用対効果など総合的に検証した結果、
当財団に業務委託している「市政広報番組」を、
令和4年度をもって廃止することが示されました。

これを受け、当財団として、
市からの受託業務なしでの自立運営の可能性について
検証を重ねてまいりましたが、
最小の運営で試算した場合でも
大幅な赤字が見込まれることから
放送事業を継続できないと判断し、
たいへん残念ではございますが
閉局することを決断いたしました。

今までご愛顧いただいたリスナーの方々には、
このような結果になりましたことを
心からお詫び申し上げます。

閉局までわずかな期間ではありますが、
お聴きいただいている皆様により良い番組を
全力でお届けしてまいりますので、
どうぞ最後までお聴きくださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

令和4年6月20日
公益財団法人 尼崎市文化振興財団
エフエムあまがさき(FMaiai)

エフエムあまがさき閉局のお知らせ

エフエムあまがさきの閉局について(お知らせ)

日頃からエフエムあまがさきをお聴きいただき、
ありがとうございます。
この度、エフエムあまがさきは、
令和5年3月31日をもって放送を終了し、
閉局することとなりました。

エフエムあまがさきは、
阪神・淡路大震災において地域に密着した
即時性の高い情報伝達手段の
必要性が高まったことを受け、
尼崎市が中心となって平成8年10月に開局しました。

以来、コミュニティ放送局として、
市民の生活に最も身近な情報を
提供できるメディアを目指し、
この街に住む人々を電波で結びながら
情報の輪を広げてまいりました。

今日まで放送を続けてこられましたのも、
リスナーをはじめ、地元の企業・商店など
多くの方々からのご支援・ご協力の賜物であると、
改めて感謝を申し上げます。

開局当初は、
株式会社エフエムあまがさきでスタートしましたが、
年々事業運営が厳しくなったことから、
経営の安定化と文化事業との連携など
新たな展開を目指し、
平成21年度より当財団に事業譲渡され、
今日に至ります。

しかしながら、開局してからの26年間で、
スマートフォンの普及やSNSなど
情報伝達手段の多様化など
社会状況が大きく変化したことを受け、
尼崎市では、市民のラジオによる情報収集の状況や、
約4000万円の公費を投入している事業の
費用対効果など総合的に検証した結果、
当財団に業務委託している「市政広報番組」を、
令和4年度をもって廃止することが示されました。

これを受け、当財団として、
市からの受託業務なしでの自立運営の可能性について
検証を重ねてまいりましたが、
最小の運営で試算した場合でも
大幅な赤字が見込まれることから
放送事業を継続できないと判断し、
たいへん残念ではございますが
閉局することを決断いたしました。

今までご愛顧いただいたリスナーの方々には、
このような結果になりましたことを
心からお詫び申し上げます。

閉局までわずかな期間ではありますが、
お聴きいただいている皆様により良い番組を
全力でお届けしてまいりますので、
どうぞ最後までお聴きくださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

令和4年6月20日
公益財団法人尼崎市文化振興財団
エフエムあまがさき(FMaiai)

エフエムあまがさき2022年番組リニューアルのお知らせ

エフエムあまがさき2022年番組リニューアルのお知らせです。

この度、エフエムあまがさきでは

番組を大幅にリニューアルいたしました。

モーニングアベニュー木曜日では上野杏さん、

昭和通二丁目ラジオ水曜日では牧野篤史さんが、

新たに番組を担当します!

また、CS放送を活用し、幅広い番組や音楽をお届けします。

今までの番組と共に、FMaiaiをお楽しみください。

エフエムあまがさきは開局25年を迎えました!

エフエムあまがさきは、
コミュニティ放送局として、平成8年10月26日に開局し、
令和3年10月26日をもって、開局25年を迎えました。

この25年間多くの皆様に支えていただきましたこと、
心より感謝申し上げます。

これからもエフエムあまがさきは、
地域に寄り添い、様々な情報を発信し、
皆様に愛される放送局を目指して参ります。

今後とも、エフエムあまがさきをよろしくお願いいたします!

                     エフエムあまがさき一同

尼崎市総合文化センター 「おうちでアルカイック」(尼崎市文化振興財団)

エフエムあまがさきがある「尼崎市総合文化センター」には、
アルカイックホールをはじめとする様々な施設があります。

そこでは、コンサートや展示会、落語会などが行われるほか、
ダンスや吹奏楽の練習などに使用できるリハーサル室もあります。
また、ちょっとした休憩時にぴったりなカフェ「ブラヴォー」も!

そして、昨今のコロナ禍を受け、
尼崎市文化振興財団では、おうちでアルカイックと題して、
「私たちだからできること」「今だからできること」をテーマに
イベントのアーカイブや、ほかでは観ることができないスペシャルムービー、
そして、アルカイックの魅力などを写真や動画で配信しています!

tittle_image

この中には、もちろんエフエムあまがさきの
レギュラーDJによるメッセージ動画もあります!
おうちで楽しめる様々なコンテンツがあるので、ぜひご覧ください!

おうちでアルカイック (←こちらをクリック/タップ)

  • #
  • #

AMAGASAKI POPULAR SONG

ああ 尼崎市民家族

契沖音頭